読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DesignSpark PCBでFusion PCB(あるいはElecrow)用データを出力するときの注意

時々,DesignSpark PCBでFusion PCB(あるいはelecrow)用のデータを出力する際,

外形データが認識されない不具合が出てくる.

 

どうしてなのかと色々実験した結果,どうやら基板外形の入れ子構造に問題があるようだ.

 

基板外形内にPadで穴を開ける

f:id:s_ajisaka:20160921172746p:plain

結果:正しく出力される(当たり前)

 

基板外形内に基板外形線で穴を開ける(1個)

f:id:s_ajisaka:20160921173201p:plain

結果:正しく出力される

 

基板外形内に基板外形線で穴を開ける(2個以上)

f:id:s_ajisaka:20160921173310p:plain

結果:基板外形線が認識されない

 

PADの銅部分半径<穴半径として胴部分を全て削り取る

f:id:s_ajisaka:20160921173427p:plain

結果:基板外形線(とPAD)が認識されない

 

要するに

・基板外形内に外形線であけられる穴は一つまで

・基本,穴はPADで開けろ

・デザイン上矛盾すること(銅部分を全て削り取る)はするな

ということらしい.ただ,チップアンテナを搭載したモジュール等を実装したい場合,

取り付け穴に銅部分を残したくない場合はどうすればいいのだろう・・・?

 

 

では,また.